top of page

治験アンバサダープロジェクト

患者団体の方に,医薬品開発に関する理解を深めていただき,より治験にアクセス(治験への参加,治験に関する意見交換)しやすい環境を醸成するための活動です。

​プロジェクトビジョン

​患者団体の方とともに 医薬品開発を共創する
患者中心の治験を広げ 治療の機会を広げる
​患者さんの声を取り入れ 治験環境を改善する

動的ページ1.png

Knowledge is Power!

EMPOWER Patients

​「知識は力なり」

with knowledge about Clinical Trials

​プロジェクト概要

  •   患者団体の方に,医薬品開発に関する理解を深めていただき,より治験にアクセス(治験への参加,治験に関する意見交換)しやすい環境を醸成するための活動です

  •  本プロジェクトにご参加いただいた患者団体の方に,医薬品開発に関するトレーニングを受講いただきます。

  • 患者団体の方々,アカデミア,SMO,複数の製薬会社で協力して,本活動を進めていきます。

​治験アンバサダーとは

多くの患者さんに治験について知識や経験を共有し、啓発活動を行う“大使 ”のことです​

​治験アンバサダーの役割

  •  治験に関する知識を活かし、経験も含め他の患者さんと共有する

  • 治験についての啓発を行う

  • 患者さんからの治験に関する質問に回答する

​治験アンバサダーイメージ

治験アンバサダー
​プロジェクト

​患者

​トレーニング

患者さんから
​治験アンバサダーへ

治験知識豊富な患者が増えることで
治験環境の改善、患者中心の治験が
広がることを期待しています

アンケート・インタビュー​
プロトコールレビュー・治験参加

​上市スピードの向上

​意見が反映された製品

​充実したトレーニング

治験アンバサダー

​知識

​経験

​啓発

​患者

​初回トレーニング内容

​ハンズオン
トレーニング

医薬品開発の基礎
​医薬品開発の基礎

基礎研究及び非臨床研究

(細胞や動物を用いた研究

治験のステージ(相)

第I相 第II相 第III相

第IV相

治験に関する

より詳しい情報

​治験への参加

インフォームド・コンセント(説明と同意)について

治験参加者と患者の違い

治験の終了-その後は?

医薬品開発への

​患者参画

患者参画をさらに一歩進める

  • 患者参画の意義

  • 患者さん/患者団体に期待されていること

  • 日本での事例

医薬品開発への

​患者参画

​治験の情報はどこにあるのか

  • 治験への理解を深める

  •  他の患者さんに対し、知識や経験を共有できる

  •  患者さんの立場を代表して、製薬業界やアカデミア等に対し、優先度の高い ニーズやリクエストを伝達し,医薬開発に携わる者の一員として共創に参画する

​トレーニングのゴール

​受講者の声

非常に丁寧に治験の仕組み、それに関連する知識をレクチャーいただきました。治験のことが良くわかる人が増えればいいと思います。

今までにない活動だと思いました。

複数のステークホルダーを巻き込んだ活動で患者、企業と双方向で議論できるプロジェクトで良かったです

治験アンバサダーの活躍により 治験参加者が増えることで、 より早くいい薬が市場に出てくることを期待しています。

治験の事を知らない人たちにアンバサダーから伝えることで、不安を払しょく出来たら良いと思っています。

受講された治験アンバサダーへのインタビュー動画を
以下のリンク先(youtube)に掲載しています

https://youtu.be/R-bJ-j8V4gY

 

image.png

治験のことを良く知ってもらうために。
​あなたも治験アンバサダープロジェクトに参加してみませんか?

トレーニング概要を公開しています

​学校プロジェクト

準備中
bottom of page